attackman’s blog

アタックするんだ

トップレーサーと戦うために

 

 0. 同じ土俵に立つ

ニセコクラシック2017、トップレーサーとの差は歴然であった。

登坂のたびに差をつけられている。

 f:id:attackman:20170712163301p:plain

 

強豪クライマーでさえ序盤で離されている。

登坂でいかにライバルを振り落し、いかに我慢してぶら下がれるか。

トップレーサーたちはそういう戦いをひとつのレースの中で何度も何度も重ねていた。

 

同じ土俵に立ちたい。

 

1. パワー勝負の場としての登坂、ベンチマークとしてのヤビツ

ホビーレーサーが目標とするロードレースは沖縄かニセコだろう。

登坂一本あたりは20~35分というところだ。

(登坂の本数、レース後半の出力が問われるのは当然)

 

20分以上の登坂をするには首都圏・関東南部在住ならヤビツだろう。

だから多くのレーサーが足を運びタイムアタックに励む。

みんなが集うから基準(差)を把握しやすい。

したがってヤビツはベンチマークだといえる。

f:id:attackman:20171230230026j:plain

※スタート地点について

・コンビニ(≠セブン、昔コンビニがあったそうです)

・名古木(「ながぬき」と読みます、セブンがあります、コンビニスタートのタイム+3~4分です)

どっちでもいいのだが、怪人たちが基準としているのはコンビニのようだ。

それだけの理由でこれからはコンビニを基準とする。

 

2. 現状の把握

f:id:attackman:20171230230308j:plain

2015年以来、通算で10回行ったらしい。

 

分析1:3年間の変化(→目的意識の重要性)

2017年 33:01 294w 169bpm

   ーー0:37短縮ーー

2016年 33:38    ---- w    174bpm

         ーー4:19短縮ーー

2015年(37:57) ---- w    177bpm

 

コメント:2016年からたいして成長していない。目的意識をもって狙った練習しないとアカン。

 

分析2:2017年の変化(→SSTFTP走の充実)
ランク 日付 タイム スピード 心拍数 パワー 体重 PWR
1 2017年12月28日 33:01 18.4km/時 169bpm 294W Powermeter 72kg 4.08w/kg
2 2017年6月22日 33:04 18.4km/時 175bpm 272W Powermeter 69kg 3.94w/kg
3 2017年6月15日 33:05 18.4km/時 172bpm 272W Powermeter 69kg 3.94w/kg
3 2017年6月29日 33:05 18.4km/時 179bpm 273W Powermeter    
5 2017年9月10日 34:28 17.7km/時 179bpm 268W Powermeter    
6 2017年4月20日 34:44 17.5km/時 174bpm 263W    
7 2017年6月12日 35:26 17.2km/時 - 259W Powermeter    
8 2017年4月15日 41:40 14.6km/時 172bpm 213W    

コメント2:ニセコ以降、まったく成長していない。

パワーが多めに出ているのは体重が増えたから。

10-11月は練習できなかったので、12月はSSTFTP走を充実させた。

目的意識をもってみると6月のタイムに容易に追いついた。

 

分析3:走り方の変化(後半にかけて上げる走り)

f:id:attackman:20171230233742j:plain

コメント3:10回目(今回)にはじめて「後半に上げる走り」ができたらしい。

心拍にも脚にもだいぶ余裕があった。

もう少し追い込めた気もするが、追い込まなかったから後半上げられたともいえる。

登坂の経験が足りないので、このペースで持つのか、上げられるのか、タレるのか、自己モニタリングすることができない。この経験不足=自分を知らないことは致命的だと考えている。

レースではこの通りには行かないだろうけど、淡々と走る練習、登坂練習を継続させよう。

 

分析4:怪人たちとの差

f:id:attackman:20171230231622j:plain

コメント:「去年」のマチヨP(水色)とパンぽた詐欺師(紫)が驚異的。

しかし目指しているのはこのレベル。

パンぽた詐欺師(紫)、山神氏(オレンジ)、バス兄さん(青)を比較すると、

1.7~3.3kmあたりでそれぞれ30秒差。山神氏とバス兄さんはその後ほとんど変わらない。

自分との違いをみると、スタートから7kmあたりまで差をつけられている。

 

3. 目標タイムの設定(1kmあたり10秒の短縮、平均時速19.3km/時)

30分を切れないと話にならないでしょう。

だがいきなり3分は非現実的なのでコツコツいく。

1kmあたり10秒ずつ短縮すれば10kmで100秒短縮できる。積み上げは大きい。

1kmで10秒=100mで1秒=10mで0.1秒だけ速く走ればいい。

 

計算をすると

 現在33:00で平均時速は18.4km/時

 31:30を狙うには平均時速は19.3km/時

 30:00を狙うには平均時速は20.2km/時

だそうです。

90秒縮めるには0.9km/時ずつスピードを上げればよいのだ(言うは易し)。

 

 4. タイムの基盤となるパワーの考察:トルクもケイデンスも低い

パワー=トルク×ケイデンスなのは周知の通り

パンぽた詐欺師:平均101rpm

マチヨP:平均88rpm

山神氏:平均78rpm

バス兄さん:平均74rpm

タイム順にケイデンスが高い。

マチヨPはトルクがとても高いんでしょう。

パンぽた詐欺師はトルクもケイデンスも高いんでしょう。

山神氏とバス兄さんはケイデンスの差でしょう。

 

んでおれは79rpmですが、体重あたりのトルクが低いからこうなるわけです。

結論:トルクもケイデンスも低い

 

このあたりに向き合いながら30分走を充実させていこう。

年明けにQ1.1がくるから・・・いよいよローラーに乗るんだおれは。