attackman’s blog

アタックするんだ

「ニセコクラシック2017レースレポート」を問い直す(仮)

主観と客観の解離

 前回のレポートでは、レースの記憶が鮮明なうちに、何を考えながら走ったのかを書いた。これは大事なことだと考えている。その一方で、レースで計測したパワーデータを開示しておらず、客観的なレポートとは言いがたい。

 試しにログを分析してみると、7倍(倍=w/kg)での登坂を維持しているわけではない(それができればコンタドールにも勝てるらしい)。瞬間パワーが脳裏に焼き付いて、キツかった根拠にしたくて、数字が一人歩きしたということだろう。

 要するに「主観と客観の解離」が明らかになってきた。そこで、ログを具体的に分析しつつ、ギャップを埋める作業を進めたいと思う。そういうことが今後の成長に必要だと師匠から教わった。ありがたい。

 

何をどう分析するのか

   まずはじめにご覧いただきたいのは、下のデータである。

f:id:attackman:20170712163301p:plain

 これはStravaのFlyby機能を使ったもので「どこで、何分差がついたのか」が一目瞭然である。

 ここで選択させていただいたライダーは、トップライダーの典型として年代別3位の岩島さん(青)、格上&クライマーであるCUBEの居鶴さん(オレンジ)、CX1上位ライダーで長い時間ご一緒したRCCの窪田さん(ターコイズ)である。いうまでもなく黒が私だ。

 まず指摘しなければならないのは、登坂の度に差をつけられている点である。特に20㎞地点からの登坂、65㎞地点からの登坂はその典型だろう。前半の登りを終えた時には、先頭集団から8分差をくらっている。

    単独と集団では事情が異なるとはいえ、下りや平地では致命的な差がついていないことから、「どれだけ集団にぶら下がって登れるか」が重要なことを教えてくれる。

    したがって、まずは前半の登坂に対象を限定して、ログやパワーデータを詳細に分析することが重要と考えられる。チギレた箇所やその前後の分析を通して、踏ん張りどころの具体的把握や課題の抽出ができるはずだ。その上で、登坂で勝負が決まっていることから、6つの登坂を分析してタレ具合をみれば、現時点での耐性をそれなりに明らかにすることができるだろう。きっと。(続く)

ニセコクラシック2017

ニセコクラシックレースレポート

結論:集団にぶら下がり続けられないと何も始まらない。ロードレース1年生、その入学式は実に苦々しいものだった。

(1)序盤
トップレーサーたちがポジションを上げるなか、おれはポジションを下げていた。まったく言い訳できない。そういうところでしか走れない、前で走る意志が足りないのだ。後ろがつらくなるのは当たり前、ギャップが発生して余計なパワーを使うことになる。当然ながらナカギレも発生するのでまた脚を使う。クリテやエンデューロで意識してきたことをロードレースでも適用しないでどうする。逆にいえばそれが当たり前にできない自分を見つめ直さないといけない。んでトップレーサーの近くにいたときは5倍で登坂していたものの、下がれば下がるほどパワーを使い7倍に到達。オーバーペースを心配して弱気になる。序盤のセレクションで私は50人ほどの集団から脱落した。その後は脱落した人たちと回したけど基本的に修行。ロードレースに行ったのに、ロードレースをしないで私のニセコクラシックは終わった。

 

(2)中盤
こんなことをボケっと考えながら、無事に家に帰ろう、しかし少しでも順位を上げるべく再スタートを切ろうと覚悟を決める。長い登りは4倍強で登坂。後ろからきたクライマーを使いながらハイペースを刻む(こんなことができたのが自分でも驚き)。気がつけば励まし合える小集団ができていた。この区間のタイムはトップレーサーたちとそんなにかわらない。それだけに序盤の走りに悔いが残るが、脂肪の塊マンとしてはよく頑張ったということにしよう。稽古をつけてくれたZappeiのBASS兄さんやタカヒロクン、u.D.n Racingのみなさん、そしてチームメイトのアキちゃんとRyoさんには感謝してます。特にアキちゃんは何度も練習付き合ってくれて、何度も地獄の底に落としてくれた。心の底からありがとう。


そして下り。仲間たちにはずいぶん心配をかけた。おいらの下りはヘッポコだからな。事前の試走で、道幅が広いこと&カーブに余裕があるのがわかったのでほぼノーブレーキだと思っていた。ばんざいさんから「下りはそれほど心配要らない」と励まされたのはとても大きい(ちなみに「それよりも集団にどれだけぶら下がれるかが重要」とアドバイスももらってたんですがねーーーーーーーーーー(棒))。それから悪友であり親友であるJOにゃんにはヘッポコのためにスキル練の稽古をつけてもらった。自動車やバイクのレースを生業にしてきた彼は、ヘッポコのヘッポコたる所以を理解しているので、アドバイスが実に頭に入る。そのような実地や直前のアドバイスは相当効いた。①力まないで常にリラックス、②常に先だけみること、③直滑降おじさんは気にするな、という出発前のシンプルなアドバイスは大きな勇気を与えてくれた。自分でも驚くほど冷静にこなし、誰が危ないのか(そして誰が草むらにダイブするのか)、どこが安全なのか、良いライン、悪いラインがみえた。アドバイスを言い聞かせていたら下るたびに自信が湧いた。何もしなくてもスピードがでる体重レーシングなのですが、気がつけばクランクを回し続けていた。下りで10~20人以上は抜いたと思う。
そして平地区間。いよいよハム固マンのボーナスステージです。ウチの娘が歌う謎のオリジナルソング(数字の1はなぁ~に?タヌキのお~な~か、トントコトン♪)が脳内をリピートする。よし、これでいくらでもいける。徐々にペースを上げつつ信頼できそうなレーサーたちに声をかける。六本木くんとRCCのヒロさんは走りが違ったのでレッツコミュニケーションタイム。特にヒロさんはカーボンロード○すマン(クロモリなだけです)なのでバイクが名刺がわり、多くの言葉は要らなかった。徐々にローテがまわりはじめる。ただしクライマーの走りは実にかったるい。さっさとどいてくれればいいし、ぶらさがってくれればいいんだけど、ここでスピードが落ちてしまう。かったるいので回数多めにまわる。そうこうしてたら先頭集団からちぎれた第2パックが遠くにみえたので、六本木くんとヒロさんと雄叫びを上げながらみんなで励まし合う。さらにうまくまわるようになり相当なペースで猛追。先頭時は5倍くらい。徐々に差が縮まり吸収。
そしたらSauceの白石くんがいる。小山田ではいつも後ろでお世話になってます&あなたはこんなところにいちゃいけません。こっからさらにペースを上げたかったんだけど、みんな虫の息なのか登りに備えてるのか休戦状態に。いま思えばもうちょっと積極的にいっとけばよかった。どうせ俺は登りでついていけないんだから。

 

(3)終盤
ここからはひたすら苦行。登坂が死ぬほどつらく4倍を維持できない。白石くんも遅れはじめる。白石くんイケメンだなぁ、絶対モテるなぁと美しい身体を眺めながらなんとか後ろで粘る。「下りで待ってます」という爽やかな笑顔に「よくわかっとるやんけ!」と応答する。

彼が全力で下るなか、何もしなくても差を詰めてしまう体重レーシングをキメてあっという間に追いつく。ここから先はおいらの出番なので、若武者を引き連れて、安全に、しかし全力で下る。もう首と肩がバキバキだ。ハイペースでまわしてたら先頭で戦い続けたCUBEの居鶴さんをキャッチ。一度しかお話したことはないけど、もうダメだという声を聞いたので、前で戦い続けた居鶴さんに心の中で最大限の敬意を払って置いていく。再び体重レーシングを続けた。気がついたら白石くんがいなくなっていた。

残りは足の小指の激痛と戦いながら3~3.5倍でゴールラインを目指す。ラスト15kmは痛みに耐えられずペダルを止めた時もあった。小指がダメになるかと思った。

ラストは一応もがいて総合71位、年代別17位。ロードレース1年生にラッキー7がついてUCIメダルと世界選手権出場権のおまけ付き。

レース後に白石くんと再会した。会った瞬間、こんなオッサンに熱い抱擁をキメてくれ、健闘を讃えあう。久文句のつけようがないイイ男に久しぶりに出会った。

 

(4)今後の方針
貴重なレース活動は、ロードレースにしぼり、引き続きロング練を充実させる。


最大のウィークポイントである登りについては
①10-20分でハイペースの登坂(バケモノの召喚が必要)を大切に
②5倍登坂のインターバルをまぜる(個人練)。レースでは5倍の耐性、本数が鍵になる。

 

下りについては
新川崎スキル練で定期的に稽古つけてもらう。回復日をうまく使う。課題評価しているうちはダメです。っていうかお前ヘッポコだからな、勘違いするなよ。
④ロングいけば必然的に登るから必然的に下る。

 

平地については
まだまだパワーもエアロも足りないので

⑤高速機関車に乗車する(ザウルス練)

 

あとは

⑥脂肪落とそう。夜の炭水化物カットから始めよう。

⑦小指問題を解決する手だてを揃えよう

 

次はたぶん秩父宮市民A(←エントリー終了してました(´・ω・`))です。

師匠、マッサ、PaBメンはもとより、多くの自転車仲間に支えられている。ありがとうございます。自転車って本当に楽しいですね。


f:id:attackman:20170710231135j:image

何のためにアタックするのか

罵声の意味を考える

 「ローリング解除後にアタックしたら罵声を浴びた」

 

仲間から聞いて驚いた。自分の記憶を辿ってみると、そういえば「まだ早いぞ!」「まだ行くなゴルァアア」「この〇〇野郎、タヒね!」と注意されたことがある。 

  罵声マンはなぜ声をあげたのか。アタックマンがセオリーに反したからだろうか。

 いや、そうじゃない。罵声マンはアタックマンにペースを乱されるのが困るから、自分がついていけないから、ラストで一発勝負できないから怒っているのだ。

 

 

 アタックについていくか、それとも放置するか。

 

 この選択を迫られるとき、基本的にはアタックについていくべきだと私は考える。

 

 約1年ぶりとなる2回目の更新(笑)では、いわゆる「ファーストアタックの目的」を考察することによって、このことを知的に探究してみたいと思う。

 

「集団の破壊=ふるい落し(=落車回避)」が目的のアタック

    上位カテゴリのレースにもなると、出走するレーサーはフィジカルも走りも強いひとばかりだ。

    レース序盤から「集団の破壊=ふるい落とし」を目的とした強力なアタックがかかる。

 アタックマン(ア)にたいして、即座に反応する追走者(追)、追走者に脚を使わせて追いつこうとする賢者(賢)が現れ、逃げ集団の形成が目指される。

f:id:attackman:20170314155156g:plain

f:id:attackman:20170314155159g:plain 

 追走列車が(ア)に追い付くころ、(追)はフィジカル的に一番つらい。

 しかし(追)は(ア)の後ろに張り付く選択は採らない。そのまま一気に前にでて巡航速度を維持しようとする。むしろ集団の巡航速度を上げようとするのだ。

f:id:attackman:20170314155409g:plainf:id:attackman:20170314155257g:plain

    このような選択をするのは次の理由に拠る。せっかく脚を使って追いついたのに、巡航速度を落としたら、

  1. 後方集団にダメージを与えられず、集団に追いつかれてしまう。
  2. アタックはムダ、自分の足の無駄使いになってしまう。
  3. 積極的なレーサーを殺してしまい、つまらない消極的なレースになる(上位カテゴリでは通用しない)。
  4. グライペルおじさんとスプリント勝負になってしまう。

強いレーサーはこのことを熟知しているように思われる。

 

ビギナーからの脱却、ポイントはどこにある

   したがって、(チーム戦だったりツールのような走りを除けば)逃げ集団にはりつく金魚のフンマンやローテに消極的なNEGATIVOは、高いレベルのレーサーとはいえない。

 そして、逃げ集団の形成過程においても、アタックマンや追走者を殺さないような走りをしているかどうか、積極的にローテをまわそうとするかどうかをみて、ホンモノの賢者かどうかを判断するべきだ。彼らを殺してしまえば集団に追いつかれてしまうからだ。

 それゆえ、ビギナーの走りから脱却できるポイントは、自分でアタックをしかける、他人のアタックに上手に乗る、積極的にローテをして逃げ集団のスピードを維持し続けようとする、ここにあると思われるのである(賢者は無駄足を使わずにローテに参加していることを忘れてはいけない)。

   POSITIVOからすれば弱者と戦うのは落車リスクを抱えるだけ&リスクの高いつまらないレースにお金を払うだけ。

 

    他人のアタックによってふるい落とされず、自らのアタックでふるいにかけること、他人の足を使って賢く逃げに乗ること。こうして本当に強いレーサーたちが選抜されていく。

 

 アタックをしかけ、アタックに反応し続け、上手くサボりながら前で展開し続けたレーサーがもっとも強く、表彰台に立つべきレーサーだと私は考える。

 

f:id:attackman:20160802203636j:image

注:キレのないアタックには誰も反応しない(Photo by 大富豪BASS兄@BASS_MEG

 

ブログ開設!!

自転車の楽しさ、師匠との出会い

 2015年2月にマキノ号が納車されてから私の生活は一変した。世界で一台の相棒をつくってくれたビルダーであり、師匠である坂西さん(M.マキノサイクルファクトリー、元国体選手)との出会いがあった。この素晴らしい出会いがなければ今ごろ堕落した生活を送っていたと思う。毎週のように手賀沼に通い、自転車の楽しさ、走り方を教えてもらった。レースに付き合ってもらい多くの時間を共有してもらった。師匠はいつも優しく、成長に応じて新しい課題を与えてくれた。

f:id:attackman:20160710192603j:plain

師匠にお借りしたディープを履かせる(M.マキノサイクルファクトリーにて)

 

ツライ、キツイ、でも楽しい

 生活の中心は自転車になった。継続的なトレーニングはもとより、食事の質も、体のケアも、アスリートに準ずるレベルで努力を重ねたと思う。レースに出れば、自分に欠けているもの、勝つための課題を否応なしに突き付けられる。そして課題を克服するための新しい日々が始まる。


f:id:attackman:20160710203714j:image

 大磯クリテにて(Photo by ボーイ)

   こんな生活をはじめてまもなく1年半が経過しようとしている。平日朝5時半から矢野口に集合して追い込むとは夢にも思わなかった。練習はツライ、キツイ。でも楽しい。

    それは自転車そのものおもしろさを教えてもらい、切磋琢磨しあえるたくさんの仲間ができたからだと思う。ホビーとはいえ、自分自身と真剣に向き合い、自分を育てる努力を重ね、新しい自分に出会うことができた。この先どうなるかはわからない。でももっと強くなりたい。

f:id:attackman:20160710193144j:image

チームメートと表彰台独占(Photo by 拓(@ns_t_hiro)さん)

 

成長の記録として

 師匠をはじめたくさんの友人、家族の支えによって、毎日が最高に充実している。客観的に見てこれまでの成長過程は爆発的なものだった、全体として素晴らしい1年だったと総括できる。

 しかし私に残された「旬」の時間は残り僅かなのである。アスリートとしては退化する一方の30代。しかも仕事に打ち込み、大切な家族を大事にした上で、進化しようとしている。限られた時間の中で、出来るだけで効率的に、指数関数的に強くなる必要がある。そうでないと5年後、10年後の自分に申し訳が立たない。

 

f:id:attackman:20160710200029j:plain

大井町クリテにて(Photo by BASS(@BASS_MEG)兄さん)

 そういうことを真剣に考えるうちに、そしてレースで勝つための課題と方法を考えるうちに、フィジカル強化だけでは片手落ちであることがわかってきた。

 強いレーサーに必要不可欠な要素は何か。ロスの無い走り方、強い走り方とは実際のレースで何をどうすることなのか。

 私は自分のために、このことを知的に探究したいと思う。

 このブログは、そのような試行錯誤の積み重ねの歴史、成長の記録として開設した。いつまで続くかはわからない。でもきっと自転車は続けている。